スポンサーリンク

探索型ストラテージRPGのニューラルクラウドは、ボードゲーム感覚で楽しく遊べるゲームです。

今回は、ニューラルクラウド低レア・星2で、おすすめの育成キャラ(人形)を中心に解説していきます。

スポンサーリンク

ニューラルクラウドのゲーム概要

まずは、ニューラルクラウドがどんなゲームなのか、紹介していきましょう。

仮想世界で繰り広げられる物語

ニューラルクラウドの設定を簡単にいうと、仮想世界の物語となります。

その仮想世界はニューラルクラウド計画というもので、5つの企業と世界の専門家たちで作りあげられた世界です。

【ニューラルクラウド】5つの企業

5つの企業は、バーチャルの生命体・人形(ドール)クラウド上に置き、どのように動いていくのかをデータとして収集する、といった感じです。

さながら、神目線で生命をみている、といった感覚なのかもしれませんね。

ただ、このクラウド上にいたのは人形(ドール)だけではなく、計画の主導的立場にあった教授が、現実世界に実体がありながらメンタル(意識)クラウドへ送り込んでいました。

教授権限の基地・オアシスを建造し、人形(ドール)の動向をみていたのでしょう。

そんな中で事故が発生し、人形(ドール)メンタルは消失、教授も失踪してしまいます。

【ニューラルクラウド】ニューラルクラウド計画

事故から3年の月日が経ち、クラウドは事故前にリセットされた状態に。

その月日の中で教授側の人間が、失踪した教授人形(ドール)を探し続け、遠隔バックアップされた人形(ドール)の微々たるデータの発見により、糸口をつかみます。

【ニューラルクラウド】糸口

ただ、リセットされたクラウドは、消えたはずの人形(ドール)メンタルに、拒否反応を示します。

防御システムにより守られていたオアシスには、ペルシカを始めとした数体の人形(ドール)がいるのですが、攻撃を受けて危機的状態に。

戦うことができるのは人形(ドール)だけで、オアシスのシステムを起動できるのは教授だけ…。

そこで教授側の人間は、戦闘などの指揮経験のある人(プレイヤー)を極秘でクラウドへ送り込み、教授に成り代わって指揮を執らせることに。

プレイヤーは、教授として人形(ドール)と本物の教授を探す旅にでることとなります

ニューラルクラウドの人形(ドール)について

仮想世界のクラウドでは、プレイヤーの教授以外に登場するのは人形(ドール)だけです。

教授側は、人形(ドール)自らが追放者を名乗っています。

【ニューラルクラウド】追放者1

【ニューラルクラウド】追放者2

敵対する人形(ドール)は、浄化者と言います。

浄化者は、ニューラルクラウド計画に参加する企業の1つ、42LabのAI型ウイルス対策プログラムです。

【ニューラルクラウド】浄化者1

【ニューラルクラウド】浄化者2

事故によりリセットされたクラウド上で、それまでの人形(ドール)メンタルは異常物質と判断され、消去対象となります。

その消去対象物が、追放者というわけです。

また浄化者は、すべてが人形(ドール)型ではありません。

【ニューラルクラウド】マグラシアについて

マグラシアについて

ニューラルクラウドのバトルシステム

基本的な操作に関することですが、ニューラルクラウドのバトルシステムは、戦闘模擬システムという盤上に、人形(ドール)を配置するだけです。

【ニューラルクラウド】戦場模擬システム

バトルの舞台は、5体の人形(ドール)と3体のサブで編成をしますが、サブは特定のメインストーリークリアが条件になるので、序盤は5体の人形(ドール)で戦うことになります。

基本的に、戦闘模擬システム上に編成された人形(ドール)が自動で配置され、戦闘開始ボタンをタップすれば、戦闘も自動開始です。

ただ、人形(ドール)には5つの役割があるので、それによって配置を変更した方が良い場合もありますから、そこは手動で行います。

【ニューラルクラウド】所属や役割

ドールの所属企業や役割

また、必殺技戦闘スキルなど、手動で発動しなければいけないものもあります。

なので、バトルを観ているだけ、とはならないですね。

【ニューラルクラウド】必殺技について

必殺技について

【ニューラルクラウド】戦場スキルについて

戦場スキルについて

【ニューラルクラウド】戦場スキル

ほかにも、バトルが終了するたびに出現する関数(バフ・デバフ効果関係)の選択をしたり、戦場に出現する効果グリッドへの配置変更など、やることは盛りだくさん!

【ニューラルクラウド】関数について

【ニューラルクラウド】効果グリッド

マップの探索でも分岐点の選択があり、バトルだけでもやり込み度は高めで、夢中になってしまう可能性があるので、そこは気を付けた方が良いかもしれませんね。

【ニューラルクラウド】探索

【ニューラルクラウド】探索ルール

スポンサーリンク

ニューラルクラウドの低レア・星2のおすすめ育成キャラ(人形)

ここからは、ニューラルクラウドのキャラである人形(ドール)で、低レア・星2の育成におすすめしたい人形(ドール)を紹介していきます。

ニューラルクラウドの人形(ドール)のレアリティについて

まずはニューラルクラウド人形(ドール)のレアリティ、入手方法を紹介します。

人形(ドール)の主な入手方法はガチャです。

ニューラルクラウドのガチャはメンタル検索と言い、ホーム画面から入れます。

【ニューラルクラウド】ホーム画面

メンタル検索でゲットできる人形(ドール)のレアリティは、星の数で表示されます。

最高レアリティは星3になります。

【ニューラルクラウド】星3

ですが、メンタル拡張により星5まで上げることができるので、そのために人形(ドール)を強化育成する必要があります。

星3キャラは排出率3.6%ですが、キャラクター別でみると0.38%なので、特定の星3人形(ドール)を狙うなら、排出率1%になるピックアップがおすすめです。

特定の人形(ドール)を狙わないのであれば、ゲットしやすい星2人形(ドール)メンタル拡張が良いでしょう。

育成におすすめの星2人形(ドール)

【ニューラルクラウド】ドゥシェーヴヌイ

一見幼女なドゥシェーヴヌイですが、役割がサポートということで、編成するとバトルに有利となるバフ・デバフ効果を得られます

【ニューラルクラウド】ベティ

プレイヤーの評価を調べてみると、ファイターベティは星3になり、必殺技を使えるようになると強い!ということでした。

なので、手持ちの人形(ドール)次第ですが、アタッカーの中心になれる1体として、序盤で育成できると良いのではないかと思います。

【ニューラルクラウド】リーゼ

攻撃系のバフ・デバフを期待できる、サポートリーゼです。

シリーズものである、ドールズフロントラインに似た設定のキャラがいるようで、優秀なサポートぶりから、育成をおすすめするプレイヤーもいるようです。

スポンサーリンク

ニューラルクラウドのプレイ感想

ニューラルクラウドは、本当にやり込み度高めで、すき間時間で楽しむよりは、しっかり時間をかけて遊びたいゲームだと思えました。

私のゲーム進行度ですが、宿舎がアンロックされて、部屋のコーディネートしていけるようになりました。

【ニューラルクラウド】宿舎1

【ニューラルクラウド】宿舎2

【ニューラルクラウド】宿舎3

【ニューラルクラウド】宿舎4

こちらも、人形(ドール)の育成に関係してくる、高感度を上げるなどの効果があるので、やり込み度はさらにアップしています。

ニューラルクラウドは、やることが多めだと思うので、サクッと遊びたいプレイヤーには向かないかもしれません。

でも、時間かけても遊びたいな、と思うところは多い感じです。

イラストがキレイで、キャラクターも魅力的なので、集めたい欲を刺激される人も少なくないはずです。

 

今回は、星2の人形(ドール)で育成おすすめを紹介しましたが、星3人形(ドール)を多くゲットできた方が良いのは確かです。

ゲームを始めたプレイヤーは、特典として指定メンタル取得で必ず1体の星3人形(ドール)をゲットできます。

ニューラルクラウドでリセマラをするつもりであれば、指定メンタル取得でゲットできない星3人形(ドール)を狙うのが良いかと思います。

【ニューラルクラウド】指定メンタル取得

ただ、リセマラをするよりも、ゲットできた人形(ドール)の育成強化を進めた方が、より強い人形(ドール)をゲットできるのはないか、と考えます。

いずれにしても、ガチャでゲットできる人形(ドール)は、育成強化をして星5を目指した方が良いので、星2のおすすめ人形(ドール)も考えてみましょう。

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事