【自腹インプレ】いつもの通勤ルートで「帰宅ラン」トレーニング&モチベ向上! Mountain Hardwear Fluid16

【自腹インプレ】いつもの通勤ルートで「帰宅ラン」トレーニング&モチベ向上! Mountain Hardwear Fluid16

今年3月の記事で紹介した MountainHardWear のバックパック Fluid16。コンセプトが「帰宅ラン」ということで read more 続きを読む

春先からの「帰宅ラン」に最適化したトレランパック Mountain Hardwear Fluid16

春先からの「帰宅ラン」に最適化したトレランパック Mountain Hardwear Fluid16

2016年の春/夏モデルとして、Mountain Hardwear からちょっと気になるバックパックが登場します。 read more 続きを読む

200g切りも多数。ウィンドジャケット並みの超軽量レインギアまとめ【前編】

200g切りも多数。ウィンドジャケット並みの超軽量レインギアまとめ【前編】

梅雨時期はもちろん、アウトドアでのアクティビティには通年欠かせないレインウェア。近年、PERTEX社の SHIELD+や、Polartec社の NeoShellといった新素材、メーカー独自素材が登場して、レインウェアの進化がとまりません。
軽量化、収納性を重視するトレイルランナーやULハイカーをも満足させる、軽くて防水透湿性能も十分なレインウェアもつぎつぎに登場。今シーズンは200gを切るウィンドジャケット並みの超軽量なレインウェアをリリースするメーカーも増えてきて、さらに面白い状況となってきています。
そこで、防水透湿性の生地を使い、シームシールがされていて、なおかつ250g以下のレインジャケットを駆け足でまとめてみました。
【後編はこちら】 read more 続きを読む

超撥水ダウンジャケットまとめ 2013年秋冬

超撥水ダウンジャケットまとめ 2013年秋冬

この冬のインサレーションウェアの話題と言えば、やっぱり超撥水ダウンでしょうか。保温性と軽量性が非常に高いダウンですが、その唯一と言ってもいい欠点が、水濡れや湿気に弱いということでした。湿ることで、羽毛の嵩(ロフト)がなくなり、暖かい空気を留めておくことができなくなるのです。
ところが近年、 read more 続きを読む

トレイルランニングの体温調整に欠かせない約60gの被膜、OMMとMountain Hardwareのウィンドシェル

トレイルランニングの体温調整に欠かせない約60gの被膜、OMMとMountain Hardwareのウィンドシェル

curator

Patagonia の Houdini Jacket が嚆矢となったウィンドシェルのカテゴリですが、最近はさらにエクストリームな軽量化が進んでいます。一般的なウインドシェルの重量が120gくらいであるのに対して、いま超軽量に位置付けられるモデルはその半分の60g程度になっています。 read more 続きを読む